上場株式の評価(相続税)

上場株式とは、金融商品取引所に上場されている株式です。

上場株式は、その株式が上場されている金融商品取引所が公表する課税時期(相続の場合は被相続人の死亡の日、贈与の場合は贈与により財産を取得した日)の最終価格によって評価します。

但し、課税時期の最終価格が、①課税時期の月の毎日の最終価格の平均額 ②課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額 ③課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額 の三つの価額のうち最も低い価額を超える場合は、その最も低い価額により評価することとされております。

すなわち、以下の四つの価額のうち最も低い価額にて評価することができます。

   
(1) 課税時期の最終価格
(2) 課税時期の月の毎日の最終価格の平均額
(3) 課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額
(4) 課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額

 

なお、課税時期に最終価格がない場合やその株式に権利落などがある場合には、一定の修正をすることになっています。